その他の法的なボーダーライン

児童ポルノ禁止法

風俗店において年齢は非常に気にすべきポイントです。
なぜなら、18歳未満の人が性的行為を行い、それに関わった場合は児童ポルノ禁止法により、売春防止法よりも厳しい処罰が与えられるからです。

児童ポルノ禁止法は非常に厳しい法律です。
性的な興味で児童ポルノを所持しているだけでアウトという話はニュースでも取り上げられました。
今回は見送られたものの、絵のような創作物についても規制が入る可能性がありました。
現在、18歳未満の人の性は、非常にデリケートな問題としてクローズアップされています。

当然ながら、風俗店で18歳未満の人がサービスを行うことは完全にアウトです。
風俗店において、年齢は非常に重要な違法、適法のボーダーラインとなっています。

こういうものも違法

インターネットで調べた狙いのあの子。
いざ受付で指名して、派遣してもらったら、なんと全く違うどちら様?

そんな悲しい思いをしたことはありませんか?
実はこれ、パネルマジックと呼ばれる行為なのですが、これは完全に違法です。

全然違うじゃないか。
こんなの詐欺だ。

と心の中で叫んでしまいたい事案ですが、その気持ち通り、パネルマジックは立派な詐欺罪です。
風俗店側が正確な情報をお客様に提供しないことは違法になります。

そして、風俗店の悲しい話でよく聞く恐喝行為ですが、これも当然ながらアウトです。
文字通りの恐喝罪です。

よく泣き寝入りすることが多い二つのケースですが、最近では摘発されることも多く、正しく処罰されるようになってきているのかもしれません。


この記事をシェアする