風俗店に関する法律について

風俗店の法律上の境界線

売春と売春防止法

ぼんやりとテレビを眺めていると、風俗店摘発のニュースが流れてくることがあります。
当然ながら、そういう風俗店は違法な営業を行っていることが明白なわけですが、ふとそこで疑問が一つ。

風俗店の営業において、どこまでが適法で、どこからが違法なの?

最初に、先ほどのテレビのニュースなどから、風俗店に違法なイメージを抱いているかもしれません。
しかし、適法な風俗店はちゃんと存在します。
風俗店の何もかもが違法ではないことは忘れないでおいてほしい点です。
ただ、風俗というものはもとより法的にかなり際どいラインに属する営業形態です。
いくつかの法により規制がかかっていますが、その手前までの性的サービスを行う形になります。
違法営業でない限り、やってはいけないガイドラインが店ごとにちゃんと設定されているはずです。
そのガイドラインは適法と違法のまさにボーダーラインです。

なので、店のガイドラインや禁止事項を破らないことは、あなたの身を守ることにも繋がります。
決まりごとはしっかりと守るようにしましょう。
適法だから何をやってもいいというわけではないので。
ただ、ガイドラインがある風俗店全てが適法とは限りません。
違法なところまで許している店の禁止事項は何の当てにもなりませんから。

風俗店における適法と違法のボーダーラインを知っておくことは、風俗関連のトラブルを避けるために知っておいた方がよいと思います。
ここでは、風俗店関連の法律で、どこまでがアウトでどこからがセーフであるかを考えていきましょう。

ちょっと気になる違法と適法の境界線

風俗店で法的に禁止されている行為はなんなのでしょうか? それは売春です。 では、売春とはどのような行為を指すのでしょうか? そして、売春はどのようにして法で規制されているのでしょうか? ここでは、風俗店の法的問題の基本となる売春について考えていきましょう。

法律が風俗店営業に与える効果

実は、売春を規制する売春防止法には、売春の当事者には罰則が存在しません。 つまり、売春そのものを法的に罰することはできないのです。 もちろん、法的に違法であるため、風俗店での売春はアウトであり、違法適法のボーダーラインです。 しかし、現実問題として違法営業を止めることは不可能なのでしょうか?

その他の法的なボーダーライン

風俗店における法律はなにも売春に関する法律だけではありません。 他にも様々な法規制があり、また、以外な事案が法的に違法となることがあります。 ここでは、風俗店における年齢に関わる法的ボーダーラインと、意外な違法ケースについて説明していきたいと思います。

おすすめリンク

セフレ募集に気を付けよう

セフレ募集を謳って、悪質事業に肩入れしたなんて失敗に遭わないための注意点を紹介します